伝統の鴨料理はやはり日本人には不向きなのでは~パリの名店、トゥ-ル・ダルジャン~

日本でも東京に出店したことで知られる、トゥ-ル・ダルジャン。美食の都・パリでも屈指の超有名店ですが、近年残念なことに評価が下がってしまったようです。ですが、その伝統は健在のようです。ここの名物は鴨の料理、それも血のソースで味わうというのですが、日本人には馴染みの無い料理法のようですね。血だけではなく骨髄のエキスも加えるための圧搾器も専用の物が用意されていますが、本来は乏しい食材をより効率的にブドウ絞器で試した見た所、良い結果だった、という気がします。単なるグルメレポートではない点も良かったですね。ちなみにタコ焼き器のような物はエスカルゴ用の器でした。トゥ-ル・ダルジャンがノールダム聖堂の前にあるというのは好立地ですよね。抜群の借景でした。